自宅でリハビリ中

統合失調症などです。日々思うことや物語なぞ 書いてみます

三浦春馬さんについて

 三浦春馬さんの死で 考えた


   
 「なぜ 死んじゃったの?」

 

 『世界にものがあふれてる』を見てた

 
 ものすごく 困る

 
 必要なんだけど

 
 怒りさえ湧いてきて 寝れない


 テレビで 「誰かに 相談してください」「助けを求めてください」と 言っていた

 

 相談できないほどの 悩みが あったのではないだろうか

 

 まわりの人たちが 理解しやすいような 理解できないような 
悩みやツラさが あったのでは ないだろうか
 
 


 「なぜ 死んじゃったの?」

 
 「どうして 言ってくれなかったの」



  きっと

 
  死にたくて 死んだんじゃない

  
  自らの意志で 命を 断ったワケじゃない


  それが 判断できないほど

 
  精神状態が 不安定で

 
  意志なんか なくなっちゃっていたんだ
 


  悲しい
 
  


 



☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️

 

 

        笑顔


 その人は、テーブルに正面を向いて 座っていた。背が高く、すらっとした体型の、端正な顔立ち。はにかんだように笑う。ともすれば、何かを考えているような表情をフッと見せる。
 サーフィンのウェットスーツ、装飾など要らない、そぎおとされたデザインのシャツやジャケット。シンプルな色合いの。ジャケットの襟やポケットには、可愛らしいブローチや滑らかなチーフを忍ばせていた。足が細く長いので、先すぼみのズボンを多く履いていたような気がする。裾は、ひとつに折ってあった。
 色が白くて、肌が透けているようだ。指は、長く美しい。爪は短く切られていて清潔だった。
 紹介された品物を見て、
「なんてステキなの」と女性が言う。続いて、「ほんとに美しいですね」と彼は言った。
 下世話な話題や品のない世界とは、無縁のように見えた。完璧なようで、時折、不器用な動作をしたり、座っているイスを左右に揺らしたりしていた。
 ああ、本当に困ってしまう。
あの、屈託のない笑顔が、見れなくなった。
 




☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️



 今週は 元気がでない



 私にとって 必要なひとが ひとり この世から
いなくなってしまった



 賑やかな番組など どうしても 見る気にならない




 忘れられない日が また1日 増えてしまった










☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️